金を高く売るには|金買取が高価格になりやすい理由やさらに高く売る方法を紹介

金を高く売るには

ゴールドバー

自分で相場を調べておく

金を大阪の買取専門業者へ売る場合は、あらかじめ金の相場を調べておきましょう。カメラや時計などのアイテムと違って、金は共通で相場が決まっているため自分である程度の値段を打ち出すことが可能です。悪質な業者は、重量を誤魔化したり、相場よりもずっと低い金額で査定を出してきます。始めに、売る予定の金の種類を調べておきましょう。リングやネックレスなどでも刻印がされているはずです。K24やK22、K20といったマークが刻印されている場合は、本物の金製品ということになります。ちなみに、K24は純度99.99%以上のものでK22は金の純度が91.7%以上のものをいいます。金の純度が高いほど買取金額は高くなります。金の種類を調べたあとは、0.1グラム単位で重さをはかることのできる量りを使って、金の重さを調べておきましょう。金の重さをはかることのできる量りは、インターネットで数千円で買うことができます。金の種類と重さが分かればある程度の相場を導き出すことができます。相場を出すことで、悪質な業者に騙される可能性は低くなります。

業者を選ぶ

自分で金の相場を調べたあとは、業者選びに移ります。業者によって金の買取価格は微妙に違います。できるだけ高い価格で売ることのできる業者を選びましょう。最も簡単な方法は、複数の業者に査定を依頼することです。気になる業者を3つほど選んで査定を依頼したあとに最も高い金額で買い取ってくれる業者に買取依頼をします。しかし、そもそも候補となる業者をいくつかピックアップすることが難しいという方もいます。どの業者を選べば良いか分からない方は、まず、買取業者の専門分野をチェックするようにしましょう。金の買取だけではなく自転車やカメラ、時計など幅広いジャンルのアイテムを買取しているいわゆるリサイクルショップは、貴金属査定の専門家がいない場合もあるので避けた方がよいでしょう。貴金属の買取だけを専門でおこなっている業者に頼みましょう。次に業者の実績や会社の大きさをチェックします。買取実績が多い業者は、その分多くの人から信頼されているという証拠になります。また、会社が大きかったり経営年数が長かったりする業者も、多くの人に信頼されていて、これまで結果を出してきた証拠になります。専門分野であり会社のスケールや経営年数を確認して買取業者を決めるようにしましょう。

金買取を依頼した方の声

片方でも買い取ってくれた

ずっと前に購入して片方なくなってしまった金のイヤリングを買い取ってもらいました。片方だけなので買い取ってもらえないと思ってましたが、金ならば片方でも買取対象になるとのことだったので驚きました。

交渉も1つの手です

もう使わなくなった金のネックレスやリングの買取を依頼しましたが、ダメ元で交渉してみたら最初の査定額より高く売ることができました。交渉してみるのも1つの手かもしれません。

アクセサリーを売るときは注意

わたしの経験なんですが、金のアクセサリーを売る人は、金そのものを買い取ってくれる業者よりも金をアクセサリーとしてデザイン込みで買い取ってくれる業者の方が高く買い取ってもらいやすくなります。

この記事のまとめ

金の買取は業者に全て任せるのではなく、あらかじめ相場も確認しておいて信頼できる業者を選ぶことが肝心です。悪徳業者にひっかからないように注意しましょう。